事業内容

電気の流れ

電気の流れ

日本では現在、火力・水力・原子力の3つを柱として電力を供給しています。
これらは発電方法によって特徴があり、それらをうまく組み合わせることで、24時間-365日、安定した電気を供給することが出来ます。
これらの「電気」は一旦、超高電圧に昇圧されてから送電線に送られ、皆さんの家庭に届いています。
全国の送電線は、25万基の鉄塔と約9万kmの電線で繋がっています。
当社は、発電所からあなたの町の近くの変電所まで電気を送る役目を担っています。
”安全は全てに最優先”を目標に、全社員及び家族が安心できる職場創りをモットーに、技術者を育成し技能の継承と研鑽を行い、全国屈指の技術力を有しています。
当社は、お客様から信頼いただける会社として高い評価を得ています。


架空送電線工事

架空送電線工事


基礎工事

鉄塔を建設するには、鉄塔の土台となる基礎が最も重要となるため、建設場所の地質や地盤の調査等を綿密に実施して、基礎の仕様を決定します。

基礎は、深いもので15m以上にもなる深礎基礎、10mx10mの方形マット型基礎等があります。


組立工事

しっかりとした基礎が出来上がると、その上に鉄塔を組み立てる作業に入ります。

現在は、タワークレーンを設置して地上にて部分組みした鉄塔部材を吊り上げ、ポスト接合部をボルトで接続し組み立てます。


架線工事

いよいよ鉄塔が建設されると、最後の架線工事となります。架線工事は、送電線工事の花形であり高度な技術と熟練を要します。

建設された鉄塔間に電線を架けていき発電所から変電所までの大型送電線路の完成となります。


架空線保守工事

常に途切れることなく、安定して送り続けなければならない電気。既に建設された送電線路の定期的な点検、調査及び巡視を実施し、早期に故障や異常を発見し事故を未然に防止する保守部門が大きな役割を果たすとともに、台風等の非常災害時の対応等電力会社のあらゆるニーズに応えるため九州一円に専門スタッフを配置しています。


光ファイバー通信線工事

急速に発展する高度情報化社会に対応するため、送電線路を利用した光ファイバー線による通信ネットの架線工事やメンテナンス業務を行なっています。


災害復旧

災害復旧

自然災害(地震、台風、地滑り等)や第三者行為により送電線路が被害を被り、電力の供給支障が生じた場合においては、一刻も早く正常な系統に復旧する必要があります。電力会社等からの要請により、迅速に災害復旧体制を整える為、北九州及び中九州に建設グループ、九州各県に保守グループを配置し、被害にあった送電線路の復旧を最優先に行っています。


安全対策

安全対策

『安全は全てに優先する』をモットーに、墜落防止対策、落下物防止対策等を安全マニュアルに沿って実施し、災害を起こさない職場作りに努めています。また、定期的に安全用具の点検や交換を行い、自分達の身の安全を守っています。その他、工事現場への安全パトロールも実施し、安全への意識向上に努めています。